【これだけはやるな!】ハイローオーストラリアの禁止事項と口座凍結の対策方法

数あるバイナリーオプション取引所の中で、ハイローオーストラリアは最大手の取引所です。日本人ユーザーからの支持も厚く、これから口座開設をしようか考えている人も少なくないはず。

ただ、ハイローオーストラリアを利用するのであれば口座凍結につながる禁止事項があるので注意が必要です。ハイローオーストラリアを取引している人の中には、

「ハイローオーストラリアの禁止事項って、何があるの?」
「そもそも、禁止事項をやぶったらどうなるの?」
「ハイローオーストラリアで安全に取引したい。」

など、疑問に思ったこともあるでしょう。

筆者から言えるのは、ハイローオーストラリアの禁止事項は事前に把握すべきだということです。

もしあなたが知らなかったという理由で禁止事項を行ってしまっても、口座凍結や強制解約のおそれがあります。あなたの大切な口座を失うなんて思いはしたくないですよね。

そこで、今回はハイローオーストラリアの禁止事項について解説していきます。この記事を読み終える頃には、ハイローオーストラリアで安全に取引できるようになっているでしょう。

ハイローオーストラリアの禁止事項について知りたい方は、本記事を参考にしてください。

ハイローオーストラリアの禁止事項を行うとどうなるの?

結論から言うと、ハイローオーストラリアの禁止事項を行えばあなたの口座が凍結するおそれがあります。2度とハイローオーストラリアで取引できない可能性があるんです。

もしあなたが、禁止事項と知らずに悪意がなかった場合も同様です。ハイローオーストラリアでは禁止事項の違反者に対して厳しく対応しています。

ハイローオーストラリアの禁止事項は絶対に行わないようにしましょう。また、あなたの口座を守るためにも禁止事項は事前に確認しておく必要があります。

ハイローオーストラリアには2種類の口座凍結がある

ハイローオーストラリアでは、通常凍結と限定凍結という2種類の口座凍結があります。まず、どちらの口座凍結であってもハイローオーストラリアで取引できなくなると理解しておきましょう。

1つ目の通常凍結は、ハイローオーストラリアが公式に発表している禁止行為に違反した場合の対処です。自動売買やスキャルピングなどが、通常凍結の禁止事項にあたります。

また限定凍結とは、悪質な行為だとハイローオーストラリアが判断した場合の対処です。取引以上の大きな金額を出金したり、両建てのエントリーなどが限定凍結の対象となっているので注意しましょう。

ハイローオーストラリア6つの禁止事項

ハイローオーストラリア公式サイトに記載されている禁止事項について確認しておきましょう。公式サイトに記載のある禁止事項は、以下のとおりです。

​​以下の事由に一つでも該当する場合、口座が強制的に解約されます。
レートの遅延やフロントランニングを狙った取引
業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合
クレジットカードの乱用が認められた場合
取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合
本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合
同一人が複数口座を開いたことが確認された場合(両方の口座を解約することがあります)

ハイローオーストラリア公式サイト

上記の禁止事項に違反した場合には、先ほど紹介した通常凍結の対象となります。それぞれ詳しく解説していきますので、事前に確認しておきましょう。

レートの遅延やフロントランニングを狙った取引

一般的なトレードでは問題ありませんが、レートの遅延やフロントランニングを狙った取引が確認された場合には口座凍結の対象となります。

それぞれのバイナリーオプション取引所では、レートの配信元である会社が異なることでレートに多少のズレや遅延が生じることがあります。このようなレートの遅延を狙った取引が禁止されているんですね。

また、フロントランニングとは証券会社などが顧客の注文情報を利用して取引することです。個人でハイローオーストラリアを利用している場合には、心配する必要はないでしょう。

業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがある判断された場合

自動売買ソフトを利用した取引や機械的な取引が発覚した時点で口座凍結の対象となります。自動売買ソフトを販売している業者なども存在するので、決して使わないようにしましょう。

また、アービトラージとは市場の価格差を利用して利益を得る方法のことです。業者間アービトラージには取引所の情報が必要なので、個人でハイローオーストラリアを取引する場合には該当しません。

クレジットカードの乱用

そもそもクレジットカードの乱用とは、

  • クレジットカードのポイントを貯める為にハイローオーストラリアの口座を利用
  • クレジットカードの現金化

などの行為が挙げられます。上記の行為は決して行わないようにしましょう。

また、他人名義のクレジットカードや有効期限切れのカードを使うことも乱用と判断されることがあります。ハイローオーストラリアにクレジットカードで入金する際には注意してください。

取引額と比べて入出金額が通常の範囲を超える金額と判断された場合

ハイローオーストラリアでの取引額に見合わない入出金は、マネーロンダリングが疑われる可能性があります。マネーロンダリングとは資金洗浄と言われるように、元の資金がどこにあったのか隠す行為のことです。

また、取引額に見合わない入出金に明確な金額の定義はありません。もしあなたに悪意がなくとも、多額の入出金は口座凍結のおそれがあるので控えるようにしましょう。

本人確認書類を偽造した場合

口座開設の際に利用する本人確認書類を偽造したり、他人の書類を利用することなどは禁止されています。当たり前のことではありますが、決して行わないようにしましょう。

また、家族名義で口座開設するなど本人名義以外での開設も口座凍結の対象となります。ハイローオーストラリアで口座開設をする際は、必ず本人の身分証を提出してください。

複数口座を開設した場合

ハイローオーストラリアでは、個人が複数の口座を持つことはできません。複数の口座開設が発覚した場合には、既存の口座も凍結の対象となるので注意しましょう。

また、ハイローオーストラリアで複数口座を開設することについては以下の記事で詳しく開設しています。より詳しく知りたい方は、参考にしてください。

ハイローオーストラリア複数口座は開設できる?【要注意】ハイローオーストラリアで複数口座を開設する方法と3個の注意点

ハイローオーストラリアで禁止されている3つの取引手法

これまで、ハイローオーストラリアの禁止事項について解説してきました。個人ではあてはまらないような禁止事項もありますが、取引手法によって口座凍結の対象となる可能性もあるので注意が必要です。

ハイローオーストラリアで禁止されている取引手法としては、

  • 両建てでの取引
  • マーチンゲール法を用いた取引
  • スキャルピング取引

などが挙げられます。

上記の取引手法が発覚すれば、悪意がなくとも口座凍結のおそれがあります。事前に詳細を確認して、決して行わないようにしてくださいね。

両建てでの取引

買いと売りのポジションを同時に持つ両建てでの取引は、ハイローオーストラリアの口座契約条件にもあるように禁止されています。

たとえば、キャッシュバックを出金しようと取引の履歴を残すために両建てをするなども違反行為となります。どのような理由であっても両建てでの取引は口座凍結の対象となるので、決して行わないようにしましょう。

マーチンゲール法を用いた取引

マーチンゲール法とは、取引にかける金額を倍々にしていくギャンブルの必勝法として使われるものです。ハイローオーストラリアでは、マーチンゲール法を用いた取引も口座凍結の対象となります。

また、ハイローオーストラリアは取引履歴を管理しています。「これくらいバレないだろう。」と考えていても、発覚しますので禁止行為は決して行わないようにしましょう。

スキャルピング取引

そもそもスキャルピングとは、短期間のトレードを何度も繰り返す取引手法のことです。主にFXなどで使われることが多く、1日の間に短いスパンで数十回と取引をして利益を狙う手法なんですね。

ハイローオーストラリアで短時間に急激な取引を繰り返すことは、スキャルピング取引を疑われる可能性があります。途中で決済できる転売機能を乱用するなど、スキャルピングに近い行為も控えるようにしましょう。

また、ハイローオーストラリアでのスキャルピングについては以下の記事でも詳しく解説しています。気になる方はチェックしてみてくださいね。

【要注意】ハイローオーストラリアでスキャルピングはできない!その理由を解説

禁止事項を事前に把握してハイローオーストラリアで安全に取引しよう

ハイローオーストラリアは、禁止事項に違反した行為に厳しく対応しています。禁止行為を行いあなたの口座が凍結してしまっては本末転倒なので、禁止行為は決して行わないようにしましょう。

また、どのような理由であっても禁止行為と判断されれば口座凍結のおそれがあります。禁止事項を知らなかったり、悪意がなくとも自己責任です。

ハイローオーストラリアで安全に取引するためにも、禁止事項は事前に把握しておきましょう。また、禁止行為を行えば発覚しますので決して行わないでくださいね。

まとめ

今回は、ハイローオーストラリアの禁止事項について解説しました。違反が発覚すれば口座凍結となり、2度とハイローオーストラリアで取引ができなくなるので注意しましょう。

また、取引手法が禁止行為にあたる場合もあります。ハイローオーストラリアで禁止されている取引手法についても紹介しているので、参考にしてください。

本記事では、ハイローオーストラリアの禁止事項について網羅的に解説しています。事前に禁止事項を確認して、ハイローオーストラリアで安全に取引してくださいね。